SS  message その3

ひゃー、暑い日が続きますねぇ!

思えば、去年の夏、マクロスがマンガになっているとしり、深夜に本屋に走った事がきっかけで、今、とっくに筆を折ったはずなのに、絵はかく、SSは書くで・・・。

初めはYahhoo 質問箱で「一条輝が早瀬未沙を選んだ理由はなんですか?」の質問の回答で「身体の相性です。大事なことです」に悶絶して満足していたのに・・。

あは!楽し!!

で、SS その3 です。エロ無ですがやや生々しくなってしまいました。キモそうなのでイヤな方は避けてくださいね。

輝の部屋に行って下着やらズボンやらシャツやらをクローゼットから発掘し(法則無く収納されていたので・・)、病院に着いた時には、もう遅い時間になっていた。

あの戦闘の後だ。病室は当然ながらいっぱいになっていたが、軽傷の者は既に退院し始めていたため、廊下まで患者が寝ているといった状況ではなかった。とはいえ、医療従事者が忙しそうなのには変わりはなく、見舞いの者の言う事など聞きたくないといった風情で走り回っていた。

なんとか、その場にいた看護師に聞くと、彼は外来患者が点滴をするようなスペースに寝ているらしい。

小走りで言われた場所に行くと、そこは広いスペースを薄いカーテンで仕切られ、そこに傷病者が横たわっているようだった。呻き声がそこかしらから聞こえて、未沙を不安にさせた。

輝は、壁際のスペースにいるらしい。そっとカーテンを開けると、彼はいかにも健康そうに眠っていた。飛行隊からの連絡でも、眠っているだけと言っていたが、彼を見るまで安心出来なかった。でも、信用してよさそうだと思った。

ほっとして、そのベッドというには狭すぎて、長椅子に近い寝台の隙間に腰かけた。

そう、いかにも健康そうだった。胸郭は大きく上下して、しっかりと空気を胸腔に送り込んでいる。倒れ込んだ時に入れられたと思われる点滴の管は、張った静脈に入っていてごくごくゆっくりと電解質を含んだ水を運んでいる。

未沙は、少し浅黒いその手に触れてみた。掌を自分の頬に当てると、水分を含んだ大きな骨ばった手のひらから、かすかに湿気を感じて目を閉じた。

しばらくそのまま彼の手のひらの感覚を感じ、その手を彼が楽そうな位置に置いた。そして、寄り添うように上半身を狭い寝台の上に置いて、輝の横顔を見詰めた。

ぴったりと閉じられた濃い睫毛の奥には、あの明るい瞳がある。頬の線の上には産毛が見てとれて、顎のあたりには少しのびた髭が見える。

一人でいる未沙を悩ませた、首筋を見た。ややきめの荒い皮膚を、呼吸にそって喉仏が上下している。そのしなやかな動きを、皮膚からあふれ出る脂が潤滑油のような役割りをはたしているように見えた。

これ程までに、輝を見つめた事があっただろうか。何度か抱きあってはいるが(真面目な未沙は、何度それがあったか覚えてはいるが・・)輝から自分に寄せられる感覚に手一杯となって、彼を見つめたり、感じたりすることは無かったように思った。

未沙は身体を起こして、そっと乾いた唇にキスをした。

眠り姫を起こしたのは王子様のキス。
じゃあ、王子様は私?

そう思うと笑みがこぼれ、キスする唇の口角が上がった。

彼の唇の乾いた感覚が気になって、未沙の舌で湿り気を与えた。

顔を上げると、輝の唇は未沙が思ったような仕上がりにうるおっていて、彼の恋人は満足げに小さく息をついた。

亜麻色の髪を散らして、もう一度、輝に寄り添って寝台に上半身だけ横たわった。

ふいに眠気が未沙を取り巻いた。

・・眠いのは、うつるのかしら・・。

そんなふうに思ってみたが、それは違う事にすぐに気がついた。

輝がいてくれるから、生きていてくれるから、心から安心出来る。だから、緊張の糸が切れて眠くなってきたのだ。

好きと、愛しているの境目は・・どこなんだろう・・。

彼の上下する胸郭に手を置いて、じっと見つめる。未沙はいつの間にか目を閉じて、そのままゆっくりと寝息をたてた。

スポンサーサイト

2011-05-18 : SS message : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

拍手レスです
12/20 非公開コメント様
コメントありがとうございました。これも前に書いたものなのですが、輝と未沙があの戦いの後に再会したら、未沙はきっと輝が生きていて、肉体がちゃんと目の前にある事をじんわりと感動するんじゃなかろうか・・。と思った覚えがあります。自分との違いにときめくっていうお言葉にもはっとしました。素敵な目線ですね。
それと・・。この頃は、ブログを始めた頃で何かとハイになっていて・・。SSの前文で、はしゃいでいる自分が恥ずかしいです・・。
2012-12-22 22:37 : michy URL : 編集
拍手レスです
12/15 非公開コメント様
お久しぶりです(*^_^*)
前に書いたSSにコメントを頂けるのって嬉しいです。ありがとうございました。
お互い好きだったら相性良いだろうなぁとか言ってみたりして(^_^;)
2012-12-19 22:53 : michy URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。