SS  メッセンジャー ちまちま追記あります

:おわーーー燃料注入ありがとうございます!

お父様の影があったので、そこから妄想です・・

細かいマクロス史とは違うかもしれませんが、思いつきなので勘弁してください:(´◦ω◦`):





どうして あんなに頑なだったのだろう
とても大切だったのに、なぜ解り合おうとすることを拒んだのか

なぜ、あんな小さなことに溝を感じてしまったのだろう
あまりにも大きな存在だったから、いつまでも、居てくれるのだと思っていた





早瀬隆司は少年の頃から軍人になると決めていた

居間に飾られた、白黒の写真に写る祖父は若くて、そして凛々しかった

彼の祖父は、旧日本海軍の軍人で、第二次世界大戦後、GHQによって戦犯として処刑された
「戦争に負けるとはこういう事です。誰も恨んではいけません」
その遺言を、遺族たちは守り通した。まだ若かった祖母は、先祖から伝わった陶器や掛け軸、そして婚礼の時に親が誂えてくれた着物を闇市でコメに変えて、幼い子供・・隆司の父を育てたという

代々軍人の家系とは正確ではない。隆司の父親は軍人ではなかった。彼は海洋学者だった。語学に堪能で、英文で論文を発表出来るほど、優秀な人物だった。そして「平和主義者」だった。
口癖は、「海は世界に通じている」

隆司の父親は、まだ第二次世界大戦で心と体についた傷を拭いきれずにいる人々の中で育った。血みどろの努力で平和を築くこと・・そう考えるが出来なかったのだ。時代の空気だったとも言える。平和は民衆の熱い思いがあれば実現出来る…そう思っているように、隆司には見えた。

海がない国だってあるのにな・・と、隆司はいつも心の中で呟いていた。幼い時こそ、父の「平和主義」を信じていたが、偶然みつけた祖父が残した日記を読むにつけ、父の思想に違和感を感じるようになった。

隆司が高校生の時、その当時に存在した「武力と兵器を持つ軍隊では無い組織」 の一員となりたいと言い出した時、彼の父親は猛然と反対した。
「戦争がしたいのではない、俺は人々を守りたいだけなんだ」

隆司は父親に解ってもらおうとは思わなかった。ただ、そう思っている事を父親に知って欲しかった
だが父親はそれを受け付けず、高校を卒業したら家を出ていけ・・とまで言った

隆司は、優秀な頭脳と秀でた身体能力の持ち主だ。あっさりと横須賀の士官学校に合格し、親の庇護から離れて自立した。当然、海軍を志願した

1999年。南アタリア島に墜落した巨大な宇宙船。地球外に武力を持った勢力があることを知った世界は、人類が統合してこの問題に取り組もうとした。それに反対する勢力との泥仕合の戦争を、隆司は血を吐くような想いで乗り越えた。士官として多くの戦場を戦った。

人々のため、妻のため、娘のために

その功績を認められ、いつの間にか統合軍准将として、様々な作戦の指示を出す立場になった
統合戦争の末期、敵は見えないゲリラとなって、統合政府と人々を襲った。血で血を洗うような戦いは、現場と早瀬隆司を疲弊させた

人々を守るには、もっと強大な力が要るのかもしれない
綺麗事で平和は実現できない

人々を守る
その理想は緩いでいない

とは言えゲリラを炙り出しては殺す現実に、隆司は高潔な祖父の写真を見上げる事が出来なくなった


そんな時、小さな娘の未沙が健やかに美しく育っていることが、隆司にとっては最大の救いだった

スポンサーサイト

2017-04-05 : 未分類 : コメント : 5 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: 続き‥!
そういえば、ワタシ達が好きな「超人ロック」のロックって、超未来で体術の先生でしたよね
さすがロック!銀河系を旅する宇宙船の時代こそ、体術なのね!と、感動しました

小さな女の子の未沙が大男に勝つ秘訣は・・なんと、不死のエスパーロックに教えてもらったとか・・・・・。。。。。




(*'ω'*)
2017-04-06 23:39 : michy URL : 編集
Re: 続き‥!
ありがとうございます!

そそ。過去を書くのが楽しいのです。。ワタシは皆様のように、世界観を書くことができないので、家族とか、人との関係とかの、なんとなく経験したような感じ・・のお話なら・・かろうじて書けるのです

ホント、素敵なSSありがとうございます。
ネタ切れなワタシに燃料を贈ってくださって感謝です。。
2017-04-06 23:29 : michy URL : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます(#^.^#)
うふふそうなんです・・!とっても素敵なSSでしたよねー!ホントさすがです!

なんか、以前おっしってた、オフ会でもマンガリレーを思い出しました(*'▽')
2017-04-06 23:25 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-04-06 21:02 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-04-06 14:27 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。