SS 時間旅行 11

ぜーはー・・・ ちょこちょこ書きなおしてます・・・

書き溜めてからUpするわけでなく、その都度書いた分だけあげてます

今回は、特に解りにくいですが、まぁ自分が楽しむためのブログですので・・(^_^.)良かったら、のぞいてください・・

では、続きですー

「歌の世界では、想いは届くという・・。しかし、それは届いたと思うだけです・・」
アボックは無表情で言う

「私のミンメイへの想いも、彼女には届いていません・・」

アボックの言葉を聞いた未沙は、小さく固まってほっそりとした指先で、自らの胸を押した。
何かを堪えようとしている未沙をじっと見ていたアボックは、細く視線を落として 言った。

「この胸の痛みは、どのようにして起こるのでしょうか。心は脳にあるはずなのに・・」

未沙は静かに、胸に置いた手をそろえて膝の上に降ろした。

強い身体を持つアボック。研究熱心で、優秀な人物だ。
彼は、本当にミンメイが好きで、おそらく、本当に好きで、そして、その気持ちをどうしていいのか解らないのだと、未沙は思った。

「Mr ハネ・・・いえ、アボックさん・・・、つらいわね・・聞いているわたしも・・とても苦しいわ・・」

アボックは顔を上げた。
そんな未沙を見て、アボックは言った

「 あなたにも、この痛みがあるのですね 
 あぁでもなぜだろう・・、一条隊長のことを見ているミンメイと・・同じような表情筋の使い方をしている・・」


未沙の胸に、あの笑顔がよみがえった
ミンメイ・・あぁ、ミンメイ・・

未沙はいつも、この名前を聞くと、心が胸の奥に沈み込んでしまう。

ミンメイさんはどうなのかしら・・
目の前のアボックのように、輝を想って胸を痛めているのだろうか

彼女は・・・

きっと私がすべてを持っていると思っているわ
でも・・私には あなたは・・私が一番欲しいものを持っているように見える・・

輝が、少年の頃に恋い焦がれた相手・・過去も今も、ひょっとして未来も
彼の心に住んでいる、あの笑顔・・
彼は今も、時間を旅するように、彼女に会いに行っているのかしら


目の前で、じっと視線を送ってくるアボックを感じて、未沙は今に帰った。

姿勢を正したまま瞼を閉じて、少しだけ顎を上げた

いつまで・・・この場所に 私は居るのだろうか・・
この終わらない、終わりようのない、苦しいだけの考えの螺旋に・・・

そして眼を開いて、未沙ははっきりとアボックに向かって言った

「 アボックさん、あなたは今、自分の・・あなた自身の、どうしようもない気持ちを語ってくれました
それこそ、あなたが文化の一翼になったと言うことだと思います 」

無表情のまま、アボックは小さく身体を動かした

「文化とは・・心とは・・時に御しがたいものです。その切なさを埋めるのが、あなたが研究し、ミンメイさんが歌う、歌ではないかと・・私は想います・・」

顎を引いて、じっとアボックを見据えた
「あなたが心配している、ミンメイ・アタックにより投降したゼントラーディー人のことは、私も全力で取り組みます」


そして未沙は、自身の心の中の声を聞いた

私たちは、地球から遠く離れた。距離も、時間も・・
新しく・・今と未来を築くために・・もっと出来ることがある



うるんだ瞳の未沙が、言った。

「ミンメイさんに会いたいわ・・
あなたが仲介してくれないかしら・・」


スポンサーサイト

2017-01-13 : 時間旅行 メガロード航海編 : コメント : 7 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: 時間旅行
ジャッキーさんにもう一言、お礼を。。
こんな解りにくいお話に、素敵なコメントをありがとうございました。
嬉しかったです
2017-07-23 22:43 : michy URL : 編集
Re: 時間旅行
ありがとうございます!
そうですよね・・ミンメイとか未沙の気持ちって、なんとなくわかるけど、輝は謎ですよね(。´・ω・)?
「ミンメイって子は、僕なんかにつなぎ止めておけませんよ・・」ってセリフ、どう解釈するか。。こう言われた未沙が「あぁ私を選んでくれた・・」って思うなら、もう苦しいくらい輝が好きで、なんとか輝にも同じように想ってほしかったことで、それはそれでキツイですよね、きっと。

このお話は、結構病んでる時に書いたのもあって、結局巧く終わらせることができなかったのです
でも、結局どうお話を持っていったらよかったかなと考えても答えが出なくて。やっぱり、この3人の関係に正解は無いって事なんですかね。男女の普遍性を語ることができるほど男女を知らないのですが、思うのは、男女に限らずなんだって正解は無いって事なんですかね。相手を許すっていうか、自分を許す。時間はかかるけど、相手も自分も責めないってのが、一番救いになるかなって。そう思うとラストもあんなスピリチュア臭漂う展開でも、まぁ良かったかなと思ったり。

時間旅行ってのは、松田聖子の昔の歌からもらいました(#^.^#)

うーん、アボック氏のように恋に免疫の無いゼントラ男子って、地球人と一緒になって恋愛するのってキツそうですよね・・
どんな恋をするのかしらん・・

2017-07-23 22:40 : michy URL : 編集
時間旅行
末沙、ミンメイには自然と共感できるのは同じ女性だからなのかもしれませんが
輝については、あぁ..そう思うのか...と気が付かされてから共感というより、彼の想いに寄り添うことが私は多いのです

michyさんの作品の中でもこの章は、人間の、男女の普遍性を改めて思い起こさせて、かつ、最もマクロスの核心に触れている気がします

特に、輝は今も時間を旅するようにミンメイに会いに行くのかしら、というくだりに胸を掴まれました
顕在意識の中にある、もやもやする不安な感覚を見事に浮き上がらせ、それはいかにも末沙らしくて輝らしくて、
michyさん...あなたって、あなたって人は!!心が静かに絶え間なく震えました

"時間旅行"という言葉の力に取り憑かれました
まさに"michyアタック"ですよ

追伸:アボックさんの語る言葉も本当に素敵です













2017-07-23 14:31 : ジャッキー URL : 編集
Re: ありがとうございました
こちらこそ、本当にありがとうございます。いつも助けて頂いて、感謝してます。
充分に時間をかけてきた・・のだと思うので、今回は期間限定でなんとか書いてしまいたいなーと思います。
うう・・楽しんで頂けるかどうかは・・わかりませんが・・(^_^.)

苦しいだけの考えの螺旋の原因って、なんだろうと考えたとき、思い浮かんだのが、自分で自分や他人や、いろんな物事をジャッジしすぎる事なんじゃないか・・と、いまになって感じるようになりました。
人の想いに良いも悪いも無いというか・・あきらめではなく、自分の何かよくわからないような場所、心というか魂というか、そのあたりを大事にするというか・・・。
まぁ、文句って言いたくなりますけどね・・

お言葉、セリフにしちゃうかも・・もし、そうなったらお許しくださいね

2017-01-15 20:43 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-01-15 00:02 : : 編集
Re: 心の中の声
なぜか、胸が痛いですよね。心は脳にあるのに、どうして胸が痛くなるのでしょうか・・(まぁ、自律神経がどうのこうのって話ではなく・・)
痛みはなぜ起こるのでしょうか。おっしゃる通り、表層と深層かもしれないし、自己と他者かもしれないし・・,本音と建て前、本心と倫理。でも、なんにせよ、いくつかの要素があって、それぞれを受け入れるに時間がかかるとか・・そんな事かもしれません
痛みを探ると、自分が少しは見えるかな・・自分が見えれば相手も見えるかな・・とか。意外と単純に解決してしまえることかな・・とか。

今回は(というかいつもなんですが・・)説明的なセリフとか文章を削って、こんな感じになりました。
螺旋から抜け出すことができたら、自分も、世の中も、平和になる・・ってのは言い過ぎですかね(^_^.)

2017-01-14 22:45 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-01-14 17:05 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。