SS 時間旅行 1 

久々に寝込む風邪になってしまいました・・・
お仕事は解熱剤を飲みつつ、出勤・・そして悪化・・・がんばれワタシの免疫力!

ちょいラスト追記しました



これ、自分SSのSSという面倒なお話です
以前書いた、昼間の終わり・夜の初めってSSの続き的な感じです

お読みになってない方は、よかったらこちらです~~

昼間の終わり・夜の初め [1]   [2]   [3]

途中また書きなおすかも(^_^.)


時間旅行 1

メガロードの旅が始まって、7年が過ぎた。

もう何度もフォールドを繰り返している。地球とはなんとか通信をする事が出来ているが、だんだんと画像を受信することが難しくなってきた。これも想定内の事ではあるが・・・

地球の総理大臣が、また変わった。しかしそれは政権が変わったのではない。フォールドを繰り返すことで、メガロードが地球より時間の進み方が遅れているのだ。自分達の時間より、地球の時間はもっと早く進んでいる。
地球との時間差は、もう埋められないようになっている。きっと、地球政府の人たちも、若いまま歳をとらないメガロードのメンバーを、気味悪がっているかもしれない。



地球では月の満ち欠けが夜空にあって、人の命も、月の重力の影響を受けている。
メガロードの夜空には月は無い。夜だけは、メガロードが見る無数の星たちを、そのまま天井に映し出していた。

ベッドの脇にある ほんのりとした灯りが、未沙の溜息を染めた
隣には、ぐっすりと、うつ伏せで眠りこんだ裸のままの輝がいる
じっと、その胸郭を見た

空気を吸うと、背中がこんなにも膨らむものなんだ・・・・

抱き合っている時には思うように出来ない、彼の身体の観察。規則的に動く健康的な胸郭と、半分開いた口唇が、とてもかわいく見えた

その少し前まで、彼に愛撫されていたことを思い出す。そっとその跡に、指をあてた。
身体を輝に寄せて、腕を上げて、硬い髪をなでる

気持ちいい・・・

頭を撫でてもらうのも、撫でるのも、好きだ



輝は今日、夕方にビールをジョッキ3杯飲んだと話していた。このところ彼は機嫌が悪くて、家に帰ってこなかった。帰らない理由はちゃんとメールで伝えてきてはいたが、何かでヘソを曲げていることは、明白だった。
モヤモヤした気分をビールで紛らわせていたようだったが、相変わらず子供っぽい。

そんな彼も、未沙は愛しいと、想う

輝は酔った目をそらして、未沙に言った
あんな恰好で、みんなの前に出ないでほしい

先日行われた、メガロードの航海が7年を迎えた式典での出来事。未沙がイブニングドレスを着て、メガロード市長にエスコートされたことが、気に入らないらしい

そんなことで・・・と一瞬思ったが、その言葉の裏にあるものを感じて、未沙は黙って頷いた

大丈夫よ、どんなに学があって、頭が良い人たちより、あなたのことが好きなの。今でもバルキリーで空を翔けていたあなたが目に浮かぶ。そして今の旅でライトニングで宇宙を舞うあなたも好き。職人気質で、ちょっと気難しくて・・子供っぽくて・・未来が生まれてからも、ずっと私を抱いてくれる、あなたが好き。 あなたの声、匂い、その全部が

全部・・・全部が
未沙だけが気が付いている、輝のある想い

どうして女は解ってしまうのだろう

輝は気が付いているだろうか・・
あの子の事

輝はミンメイと一緒にいた。ミンメイは未沙を見かけたら、すぐにその場を立ち去った。可憐な笑顔を残して

ミンメイは、メガロード乗船を最後まで迷っていたようだ。
カムジンの攻撃の後、ミンメイは輝と未沙の前から去った。その後、彼女は浮いた話を取沙汰されることなど無かった。
そして、最終の移民希望に、ミンメイはついに宇宙に旅立つことを表明した。
輝のことを吹っ切れたミンメイは、宇宙に出て新たな世界を築くことを選んだ・・・と、マスコミは書き立てた

悪い癖・・・というか、こういう直感は、いつも的を得てしまう
あの子は、きっと今でも輝が好きなのだ
移民船に乗ることは、すなわち、未沙と輝のその後を見ることになる。嫌でも、見てしまうのに・・・

あぁ・・・また・・始めてしまった・・・。

この苦しいだけで終わらない螺旋の思考から、離れなくては・・・

未沙は輝に向けていた身体を、パタンと戻して、両手の指先でこめかみを押した

ふと、時間が進んでしまった地球を思った。あのまま地球にいたら、もう自分たちもそれなりの年齢になっているだろう。

未沙は思った
もし・・今の時間が進んだ地球に私と輝がいて、今のメガロロードから二人を見ることが出来たら・・・
ちゃんと二人で一緒にいることが、未来の自分たちも今と同じように、一緒にいるのを見たら・・・

こんな重いものに引きずられなくて、済むのだろうか・・・・

自分の未来も、輝の未来も縛りたくない。結婚が決まるまで、そう言い聞かせてきたし、今でもそう思っている

でも・・でも・・・
私は、プライドを捨てたのだ



この男を、離したくない







スポンサーサイト

2015-10-13 : 時間旅行 メガロード航海編 : コメント : 6 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: どろどろ感が好きです
コメントありがとうございます

ワタシ的な想いですが、マクロスって「さわやか青春恋愛アニメ」にどうしても観られなくて・・。
未沙はあんな感じで繊細ですが、人生においては十分に「上位」のランクにいて、俗にいえば「勝ち組」です。

勝ち組が負けたように見える、ミンメイを「ミンメイさんっお元気?」って出来るならたいしたもんです。それはそれで、強い女です。でも、正直、輝の人生にとってのミンメイのインパクトの強さを思うと、それは出来ないのでは・・・とずっと思っていて、このお話を書きだした。。。んです。
2016-10-16 14:55 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-10-16 03:17 : : 編集
Re: No title
いらっしゃいませ(#^.^#)

やっぱりこの三角は・・やめられませんな。

前にも書いた気がしますが、やっぱり輝とミンメイは、何かしらあった訳だし、嫌いで別れた訳でもないから、なんか二人だけにしか解らない感情がある気がするんですよね

劇場版は、そのあたりはクリアしてる感じだけど、やっぱテレビ版は・・ねぇ。
自分のテレビ版SSでも思ったんだけど、輝が未沙を好きな理由ってのを書くと言い訳がましくなるから難しい・・・
どう着地するか、妄想中です
2015-10-16 21:14 : michy URL : 編集
No title
分かります、すっごく分かります。
自分にとって大事なものがあれば、それに迫る存在に焦るのは万人にあると思います。程度の差はあるでしょうけれど。

輝が未沙にヤキモチを焼くのと同じくらい、いやそれ以上に未沙が輝に抱く感情が楽しみです。だって何しろ相手は彼が好きだった女ですものね。
2015-10-16 20:09 : びえり URL : 編集
Re: No title
かぐや様
コメントありがとうございます。それと承認が遅れてごめんなさい(>_<)

省略されたキャラクター性か・・なるほど。自分の感情をじっと見ると、色んなものがありますもんね。全部自分なわけで。

2015-10-16 15:54 : michy URL : 編集
No title
いいです…凄く。

人間て常に愛し愛されながら心の内では相手に言えない気持ちを抱えているものですよね。

全て包み隠さず、なんてそれこそまさに漫画の設定みたいな「省略されたキャラクター性」でしか存在し得ないと思いますし…
2015-10-15 00:02 : かぐや URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。