SS どこよりも 青い場所 5

むーーーーん・・。続きです。最近、今までにない忙しさで、休日も仕事してます。
書きたいし描きたいんですが、なんだか余裕無い感じで・・。

ああ~でもでも、やっぱり妄想はまとめたいもんです。
ミンメの扱いとか、結構容赦ないかもしれませんがちょっと暗い感じも好きなもんで(^_^;)

よろしければ、お付き合いくださいませ。
1~4はカテゴリ「空白の2年間」にあります。





勢いよくブリーフィングルームのドアを開けて中に入ると、窓際に椅子をおいて外を見ていた新中州重工の若手技術者 バースがのっそりと振り返った。

「やぁ、一条大尉。いつもながら早いですね・・」
「来ているのはバース氏だけか・・そうだ、聞きたいことがあったんだけど・・」

輝が資料入れの中からメモリーステックを取り出そうとすると、バースは小さく手を制するように上げた。
「まぁまぁ、仕事の話は後で・・。それより、面白い方々が来てますよ・・」
バースは窓際に両肘をかけて、視線を外に移した。
建物は4階建てで、この部屋も4階にある。輝も窓際に行って、その高い場所にある窓から外を見ると、何かの団体がシュプレヒコールをあげていた。

輝は窓枠に腰をかけるようにもたれかかって腕を組んだ。首を廻して外を見ると、新型戦闘機の開発に反対するような内容の横断幕が見えた。輝は何の感情もなく、ポツリとつぶやいた。
「・・最近見かけるようになった団体だな」
「確かに、VF-4の開発にはお金がかかっていますし、それよりも他に使えって思う奴らも居るって事でしょうがね・・」
「レーダーに映る、ヤバそうな未確認の影の存在を教えてやりたいよ・・」

輝が窓際から離れようとしたとき、バースが団体に何か動きがある事を感じ取った。
「・・おっ!ついに登場か?宇宙の歌姫平和の使者・・リンミンメイ嬢!」
輝ははじかれたように再び窓際に躰を戻した。

団体と言っても、20人程度で一致団結しているというより、なんだかダラダラと集まっているという印象だった。ゼントラーディー人も3人いた。
その連中が、どことなくざわめき始めている。
前に出てきたのは、あのリンカイフンだった。
マイクの音量を最大限にしているらしく、彼の声は少し離れた建物の4階にいる輝たちにもよく聞こえた。
「さぁ!みなさんの平和を愛する気持ちを応援するために、あの平和の使者!リンミンメイがやってきました!」
歓声の中、彼女が出てきた。そして歌いだしたのは、リンカイフンによるとみんなに愛される名曲「私の彼はパイロット」だった。

歌いだしたミンメイを見て、バースは膝を叩いて笑った。

「なんだよ、コントかよこれ!!面白いなぁ!」
あまりの馬鹿笑いに、輝はミンメイから視線を離してバースを見た。
「・・笑い過ぎだよ」
「だって、面白いじゃないですか!!新型戦闘機開発反対の集会で、私の彼はパイロットですよ!こりゃ面白すぎて笑いが止まりませんよ!!」

輝はもう一度、遠くにいる彼女を見た。

「いやぁ、僕は地球生き残り組だから、マクロス艦内での盛り上がりは知りませんよ。けど、初めて彼女を見た時には何かパワーのようなものを感じたもんです・・」
笑い終わったバースは、涙をハンカチで拭きながら話し出した。
「でも、今のミンメイって、清純派って言うにはあのマネージャーとの関係が生々しいし、シンガーとしては中途半端だと思いません?」

正直なところ、毎日があまりにも忙しくて、今のミンメイの活動がどんなものか、輝は知らなかった。
けど、あの決戦の時、輝は確かに見た。ミンメイの歌が目に見えない力で、異星人たちさえも癒してしまったのだ。
もう彼女は、輝が知っている中華料理屋の娘ではなかった。

もう 変わってしまった。彼女も・・きっと、自分も。


そう思って黙っていると、バースは案の定よく聞かれる事を質問してきた。

「大尉はミンメイ嬢と付き合っていたんですか?」

「ちがうよ。デビュー前からよく知ってる友達ってだけさ・・」

そっけなく答えるとバーズが輝に、にじり寄って探るような目で言った。

「じゃぁ、早瀬少佐とは・・?」

「・・つきあって、ない・・」

輝の言葉を聞いたバースは方の身体の力を抜いて天を仰ぐようにしてつぶやいた。
「あぁそうなんだぁ・・安心したなぁ~・・。僕、彼女みたいな女性が好きなんですよ。クールで優しい面もあって・・。でも・・」
窓枠にもたれたままの輝は、何か聞きたくない話なのに何故か聞いてしまう時のような・・複雑な心境になった。
「この前の会議の後で、僕のスケベ上司が彼女をホテルの高級レストランに誘ってましたよ。でも、断り方がカッコよかったなぁ~・・ありゃ、男に相当誘われて・・・」
「ダメだよ何言ってるんだよお前!!」

突然大声をあげた輝に、バースは驚いて目を大きく開いた。

「スケベ上司に言っとけ!今度そんな余計な事をしたら承知しないからな!」
ハッと大きな息をついて輝はまた勢いよく部屋から出て行ってしまった。

「・・なんだよアイツ。早瀬少佐に惚れてるんじゃないか・・」
部屋に残ったバースは、腕を組んでニヤリと笑った。
10日後にあるVF-4の開発現場視察メンバーに、その「早瀬少佐」が居るのだから。

スポンサーサイト

2013-04-09 : 空白の2年間 : コメント : 11 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
まみぃさん
そうです未沙はモテているんです!きっと輝に恋してるから綺麗になってもうお肌も艶っ艶なんですもの。
未沙に向き合えなかったのは、とうぜんミンメイの存在ですよ・・という感じかなぁ

このお話を書こうと思って、一番初めに浮かんだのが、ミンメイが平和運動で歌うのを見て笑う技術者と、それをなんとも言えずミンメイを見つめる輝・・・・だったのです。
2016-07-22 22:37 : michy URL : 編集
No title
こんだけ未沙は輝の周りでも人気あるのに、どうして輝は自分の中の未沙の存在と向き合わなかったのよって思います。
潜在的に、未沙は自分のことを好いてくれてるから、他の誰かがモーションかけてもなびくはずが無いと自信があったのか・・・。で未沙の好意に甘えて自分はミンメイとも友だちでいるだけなら許されると・・・。
男を甘やかせてはいかんですな。
2016-07-22 18:20 : まみぃ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-14 17:07 : : 編集
Re: カイフンが間抜けで良し!
ぱよぷーさん、いやん、はやく続き書いて~楽しみにしてるんだから~(*^_^*)
第2部ミンメがとってもイヤなんですよね。なんで自分でなんとかしようとしないんだよ!とか。結局都合の良い男しか好きになれない女なのか・・とか。無視したいけど、やってくるんですよねぇ・・。
未沙登場・・うむうむ。。どうしよう・・。
2013-04-13 01:53 : michy URL : 編集
Re: No title
未沙はモテている。これは揺るぎない事です。だってきれいだし、輝と付き合って(清い関係)ホルモンバランスも良好なんだからお肌もきれい。御大も「独り者の未沙も、輝と付き合うようになったからキレイになって・・・」とか、第2部の設定で語っていたもん。二人の間にある、先に行けないものってなんだろうか・・って考えてます。お互い好き同志なのに、なんで進展しなかったのかなぁとか(^_^;)
2013-04-13 01:49 : michy URL : 編集
Re: ニアニアですね
くまおさん、ありがとうございます。
なんかね、平和活動とか言っても、なんだかんだでミンメイ人気を使わないと人が集まらなかった的なイメージで・・。なのでミンメ目当ての方々に人気な「私の彼はパイロット」って感じにしたのですよん。
ミンメも初めての男で、盲目になってそうだなぁとか(^_^;)
くまおさんとこの続きも楽しみにしてますよ~~(*^_^*)
2013-04-13 01:45 : michy URL : 編集
Re: No title
なぬ!それは楽しみチョーーーーーー楽しみ!!!!
それより、覚えていらっしゃるでしょうか・・・。以前SSで書いた輝の○○行為シーンを描いてみたいをおっしゃってた事を・・。難しいのは承知の上・・。ぜひ、お待ちしています。正座。
2013-04-13 01:40 : michy URL : 編集
カイフンが間抜けで良し!
ばカイフンが間抜けな活動家やってて笑いました。今見ると尚更「やるならもっとキッチリやらんかい!」と思ってしまう大人になった私です。(笑)
未沙の思いがバレバレ過ぎる輝くん、可愛くておいし過ぎる‥。
未沙登場の次回が楽しみです♪
2013-04-11 00:44 : ぱよぷー URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-10 20:25 : : 編集
ニアニアですね
 カイフンの平和運動集団、似合いそうです。
 確かに、私の彼はパイロットで反戦運動とはいただけませんな(笑)
 結局のところ、未沙のこと気になるんでしょ、輝はん!

 10日後の早瀬少佐の到着の際の仕掛け楽しみにしております。
2013-04-10 16:05 : くまお URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-10 00:26 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。