SS  どこよりも 青い場所 3

輝テストパイロット妄想 その3です。
ううっ・・ワタシ一人が楽しい妄想なんですが、よろしければお付き合いくださいませ・・。
細かい設定で、変な所があっても無視してくださいね(^_^;)








晴れ晴れした気分だった。
無事にテストパイロット養成コースを終える事ができて、なんとかライセンスを取得できた。もともと(飛行機に関しては)挑戦する事が好きな体質の輝にとって、今まで未知の領域だった世界に入り込む事が出来ているのだから、それはもう誇らしい気分だった。

できれば「次期主力可変戦闘機 VF-4 ライトニング」に関わりたいところだったのだが・・。

新米テストパイロットの輝に降りてきた任務は、新しく工場から納入されたばかりのVF-1バルキリーが規格通りに警報が作動するかをテストする・・といった物だ。つまり、わざと危険な飛び方をするという荒っぽいものだ。
それでも、今までとは違うやりがいに、輝は浸りきっていた。


テストするVF-1を操縦し目標の座標をめざして飛ぶと、ほどなくして空が一段と蒼く深みを増す色合いとなってきた。先日4時間かけて行ったブリーフィングの通りの状況の高度と速度となっている事を確認すると、コントロールタワーに今日のミッション開始を告げ、そしてその許可が下りた。

今日のお題は「失速」

目標失速速度の1.3倍の速度になってから、輝は操縦桿を引いて機首を上げ機体を失速状態に導いた。機体が木の葉のようにグルグル回って急降下しだすと、あらゆる警報音が鳴る。その警報を確認し、そして女性の声で 「急降下中、リカバリーせよ」といガイダンスがあった事も確認した。

リカバリーする事は、落ち着いてさえいればそれほど難しい動作ではない。
そのまま機体を立て直すと、輝はまた次のミッションに取り掛かった。


全てのミッションが終了し、研究基地に降り立つと、エプロンにチームを組んでいる、新中州重工の若手開発者のバースが待っていた。
「一条大尉、なかなかいい感じじゃないですか」
始めの頃、輝をあからさまにバカにしていたように感じられたバースも、最近は柔和な印象になった。
「お褒め頂いてるんですかね?恐縮だな」
輝は少し嫌味を込めて言ってやった。
「ええ、確かに初めは期待してなかったですけどね」
「・・くわしい報告は後でしますよ」
バースの前を通り過ぎた輝は、何か思い出したように振り返った。
「そうだ、バース氏、あの女性の声のガイダンスには、改善の余地がある」
「それは・・どういった?」
少し不思議そうな顔でバースが輝を見ると、輝は真面目な顔で言った。
「あの声は、僕が知っている女性の声を使えばいい。パイロットはみんな言う事をきくよ・・」

「はぁ・・、そうだ一条大尉、話があったんです」
「何の話です?」
輝がめんどくさそうに振り返ると、バースが唇の片方を吊り上げて、ニッと笑った。
「私は今度から、VF-4ライトニングの開発チームに移動になったんです。あなたの事も推薦しておきましたから」
「あぁ、そうですか・・」
輝は軽く敬礼してから、すぐに背中を向けた。
このバースには、テストパイロットになりたての頃さんざんなめに遭わされた。
・・一条大尉の言っている事にはエビデンス(根拠)がないだの、理論で示してみろだの。
その通りなのだが、まったく腹が立った。あまりに腹が立ったので、未沙にまで電話して、その事をまくし立てた。言い過ぎたかな・・かえって怒られるかな・・あまりに激しい愚痴話を未沙にした事を後悔しそうになった時、意外にも、彼女のほうが激しく怒りだしたのだ。

「そんなヤツ、やっつけちゃいなさいよ!!今度こそ黙らせたらいいじゃない!それでもダメなら殴ってやりなさいよ!」
「・・未沙、その・・殴るのは良くないよ・・」
急に弱気になる輝の声に、未沙は泣きそうな声で叫ぶように言った。
「だって・・悔しいじゃない!」

輝には、未沙がどんな顔をしているのかすぐに解った。強気なようで、すぐに泣いてしまう・・彼女。
「大丈夫だよ・・。俺、負けないからさ・・。奴の言う事も一理あるんだ。俺も負けないように、ちゃんと勉強するから・・」

「・・うん、でも・・躰には気を付けて・・」

「ありがとう、君も・・」

受話器を置いた後、なんだか澄んだ空にいる心地になった。
その後は・・、
―自分でも驚くほどの集中力が出て、あっと言う間に大量の資料を読む事ができたんだっけ・・―
そんな事を思い出しながら、実験飛行後の報告が行われるブリーフィングルームを目指して、ぼんやりと歩いた。


数日後、本当に次期主力となるVF-4 ライトニングの開発チームへの転属命令が出される事となるなどと、輝は思い浮かべる事も出来なかった。

スポンサーサイト

2013-03-01 : 空白の2年間 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: うふふふふ
わーん、ありがとはよぷーさん(*^_^*)
飛行機ネタが絡むと読みにくいかなーとか思いつつ、趣味の世界なんで止められないんですよね。さして萌えのないネタですが、ワタシとしては楽しんで書いてますのよん。なので、またお暇な時に覗いてくださいね(#^.^#)
2013-03-03 00:05 : michy URL : 編集
うふふふふ
いきなり怪しい笑いですみません。
いーわー。すっごくいいです、未沙。
涙まで浮かべて一緒になって電話口で怒る未沙、可愛すぎ。

飛行機三昧で生き生きしている輝も萌えです。
ごちそうさまでした。
2013-03-02 21:41 : ぱよぷー URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。