SS 帰還後 その2

続きです・・。

なんか、妄想あふれてどうしようもないです。一気に書いたっす。
このブログの目的は、妄想リスク管理・・。おかしいなぁ~さらに妄想てしもとんとちゃうやろか・・

エロ描写ありです。苦手な方は避けてね。



未沙は身体を小さくして息をひそめた。
輝は心配してくれたのに、あんな態度を取ってしまった。彼は、もう来ないかもしれない・・。
このまま、自分という繭玉のなかで、じっと心を守っていたい・・。

そんなもの想いは、あっさりと崩された。

ドアを猛烈に叩く音がする。
「早瀬大尉!!開けてください!!どうしたんですか?!!」

輝だ。

「居るんでしょ!!開けてくれるまで止めませんよ!!」

会いたくない・・!さっきまでの想いとはうらはらに、いざ、輝が来たとなると、会うのが怖い。
一瞬、耳をふさいだが、まだ、日勤者が退勤していない時間とはいえ、非番や交代要員が部屋にいるはずだ。止まない声に眉をひそめて起き上がった。

ドアを開けると、輝は部屋の中に転がり込んできた。未沙の両腕をつかんで言った。

「よかった、どうにかしちゃってたらどうしようかと・・」
未沙は輝の両手を激しく振り払った。
「大きな声を出さないで!どこだと思ってるの!」
「だっておかしかったじゃないか!どうしてちゃんと言ってくれないんだ!」
輝の怒鳴り声に未沙の肩が震える。視線が横にそれた。

輝はハッとした。未沙の身体に力が無く、瞳がうるんでいる。よく立っていられると思った。

「何か、言われたの?」
「何も・・」
「俺の事で、何か言われたんだろ!!」
また声が大きくなった。
「何でもないって言ってるじゃない!!」
輝の声に刃向かうように大声が出た途端、未沙は近づいてきた必死の形相の輝に抱きしめられた。

二人の息が大きく吐かれた。

未沙は自分の身体にかかる輝の腕の圧力に力を奪われた。
自由に動く肘から下で、彼を抱く。
耳元で、輝が言う。
「早瀬・・大尉・・」
「・・ごめん・・なさい・・」泣き声になっていた。

輝は未沙の顔を両手で包んだ。吐息が唇に触れる近さでささやいた。
「会いたかった・・嗅ぎたかった・・抱きたかった・・未沙・・」
そのまま、咬みついた。

立ったまま、始まった。


息継ぎがやっとの激しい口づけだった。お互いが、お互いを激しく求めた。輝の手は未沙のシャツの下に入り、その胴体をなぞり、もう片方はスカートの中に入って大腿をめぐった。
その刺激に身体が震える。塞がれて、吐息さえうまく出来ない。

ベルトのバックルを外す金属音がする。未沙は輝にしがみついた。
「・・ベッドは・・あっち?」
熱を帯びた輝の問いかけに、未沙は目をふさいだままうなずくしかなかた。


吸いつき、なぞり、奥に進めた。執拗なそれから逃れようとして、身体をひねって背を向けると、後ろから抱きしめられた。そして、その手が前に回った。

未沙の部屋が彼の匂いで満ちていく。頭の中は、もう真っ白だ。
開いた未沙に口づけする輝の頭に爪を立てる。

あの時・・輝は初めてだと言った。彼女は・・こんな輝を知らない・・。
そう思う自分に、涙が出た。

のけ反る未沙を感じた輝は顔を上げ、身体をずらして未沙の上におおいかぶさった。
「中で・・しないから・・」

うるんだ瞳で、うなずいた。

奥へと突く。
途中、彼女がひきつくのを感じて、輝も限界に達した。
互いの息が整ったあと、輝はベッドの枕元にあった小さなタオルで未沙の身体を拭いた。
「ごめん・・洗って返すよ・・」すまなそうに言う輝をみて微笑んだ。

未沙はそのまま輝に身体を寄せた。輝も未沙を力を込めて抱いた。
未沙はその力に、愛おしいと、言われているように感じて目を閉じた。

「・・面倒な事に巻き込んで・・ごめん・・・。でも、こんな事がなかったら、未沙の事、わからなかった・・。」
「そうね・・。同じ思いよ・・。」

「俺、ここに住もうかな・・」含み笑いをして言った。
「・・もう・・突然なに言い出すの・・?」
「冗談だよ。でも、明日も来ていい?」
「今度は静かに入ってきてね。部屋の暗証番号教えるから・・」

未沙は輝の手を取って、穏やかな顔で手のひらに指で番号を書きはじめた。

輝はそうする未沙の手首をつかんで、再び彼女を身体の下にひいた。







すごい文章ですが、一気書きやし素人やし、まっええかまだ、続く感じ~~です。。多分。。
あんまりエロぽい表現は避けようと思ったら、さらにいやらしくなったっす。洗って返してもらってもな~~と思いながら。ああああああぁ、墓穴っ!!失礼しました退散!!


スポンサーサイト

2011-02-21 : SS 帰還後 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
わわっ!これSSとか書き始めたばっかしの頃なんで、はずかしいです(^_^.)
でも、こんな古い記事から読んでくださって、本当にありがとうございます!
2016-07-24 22:07 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-07-22 18:46 : : 編集
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!うれしいですv-10

私の中では、輝は未沙が好きってのしかないんで、ホンマかいなってくらい一途なヤツになってしまいってますv-24いやぁ、どないしょーーー

帰還後が結構気になっていたので、先がないままSS書きに突入してしまいました。また、よかったらおつきあいくださいねv-22

私はイチオ関西なまりですが、関西地方と言えるかどうかの端っこですので、日々、ボケたりつっこんだりボケたりつっこんだりなんでやねん!なんでやねん!(寸止め)のトレーニングを積み重ねているところですテヘv-254
2011-02-26 22:30 : michy URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-02-24 02:21 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

michy

Author:michy
記事へのコメントは、予告なく削除する場合があります。また、記事と関係のないコメントにはお返事しないか削除する場合があります。